遺言を書くタイミングと伝える適切なタイミングとは?

a0002_005478

「遺言」というものは、本人だけでなく遺される家族にとっても重要な書類です。

特に遺言を書くタイミングと伝えるタイミングは重要なポイントです。

 

 

遺言を書くタイミング

遺言は、自分自身で正常な判断が出来るタイミングで書くことが大事なポイントです。

正常な判断が出来ない状態、あるいは自分自身で遺言状を作成できない状態での遺言状作成は、遺言の信ぴょう性について残された家族に不信感を与えてしまいます。

相続が発生した際、相続人の間でのトラブルに発展する可能性があるのです。

 

遺言を伝えるタイミング

遺言状を作成した場合には、出来るだけ早い段階で遺言書の存在を相続人に伝えることも大事なポイントです。

タイミングとしては、亡くなる直前などではなく、自分自身で遺言のことを伝えられる状態で行いましょう。

亡くなった後で遺言状があることが分かった場合には、相続人の間でトラブルになりやすいのです。そうならないために、元気なうちに遺言状を作り相続人に対して自分の口から伝えましょう。

公正証書遺言を作成した場合にも、元気なうちに伝えておくことがトラブル防止に繋がります。

 


こんなときはご相談ください!

無料出張相談実施中です!土日祝日も承ります。来所が難しい方も、ご家族皆様でご相談されたい方もお気軽にご相談ください!
無料出張相談実施中です!土日祝日も承ります。来所が難しい方も、ご家族皆様でご相談されたい方もお気軽にご相談ください!
PAGE TOP