相続放棄

相続人が遺産の相続を放棄することを「相続放棄」といいます。

相続財産に占める借金の割合が大きかったり、家業を長男一人に相続させるために他の兄弟姉妹が相続を放棄するなど、何らかの理由で相続人になりたくない場合などに用いられる方法です。

何も申請をしないとプラスの財産だけでなくマイナスの財産も含めて相続をしなければなりません。このような場合には、相続人が相続放棄の申請をすることで財産や借金を相続しないことが可能になります。

相続放棄の対象となるものは、基本的に相続対象となる全ての財産です。
・預貯金や土地建物などの不動産、有価証券などのプラスの財産
・銀行からの借金やローン、カードの未払金などのマイナスの財産

相続放棄ができるのは「相続開始後3ヶ月以内」なので気をつけましょう!

原則として、相続放棄の手続きは、被相続人が亡くなったときから3ヶ月以内に申請をしなければなりません。

相続放棄の申請は家庭裁判所に対して申し立てを行うことになります。

相続放棄の期間はなぜ3ヶ月?

相続をする財産がと借金のどちらが多いか分からなければ、相続放棄の申請を行うことはできません。その調査をするための期間として「3ヶ月の期間」が設けられているのです。
ただ、3ヶ月は決して余裕のある期間ではないので、早めに調査を行うようにしましょう。

3ヶ月が過ぎてもあきらめるのは早い?

もし相続放棄の申し立てをする前に3ヶ月を過ぎてしまった場合でもあきらめるのはまだ早いかもしれません。

事情があり手続できなかったなど一定の条件があれば、家庭裁判所が受理してくれる可能性もあります。

まずは諦めずに専門家に相談してみて下さい!

こんなときはご相談ください!

無料出張相談実施中です!土日祝日も承ります。来所が難しい方も、ご家族皆様でご相談されたい方もお気軽にご相談ください!
無料出張相談実施中です!土日祝日も承ります。来所が難しい方も、ご家族皆様でご相談されたい方もお気軽にご相談ください!
PAGE TOP